七五三で散財してしまいそうなときはフォトブック

え~、そんな手汗があるんだったら、もっと早く教えてよ。と姉が怒り出した。 > フォトブック > 七五三で散財してしまいそうなときはフォトブック

七五三で散財してしまいそうなときはフォトブック

2015年12月 1日(火曜日) テーマ:フォトブック

写真スタジオで記念写真を撮ったことがある人は分かると思うのですが、テンションが高くなっているのか、ついつい写真を買い過ぎてしまったことありませんか。


撮影が終わった後、パソコンの前に座って店員さんと一緒に残す写真を選ぶのですが、笑った顔はもちろん、ちょっとおもしろい瞬間や何かに夢中になっている顔等、「これ残してください」「これも欲しい」と言っていると、大変なことになってしまいます。特に誕生日や七五三だと、あれこれ衣装を換えて着せることができるので、着物もドレスも着ぐるみも欲しいってなってしまうんですよね。そうこうしてたら値段を聞いてびっくり、みたいな。しかも最初は部屋に飾るものの、いつの間にか棚の上で埃をかぶっていたりするんですよね。うーん、もったいないですね。


七五三だったらまずはフォトブックにしよう


こんなことなら額に入れてもらったりせず、データだけを買って家で自分でフォトブック作るなりなんなりした方が安上がりだし、満足いくものができたんじゃないかと思います。きちんと飾れる人や上手に買い物できる人には関係のない話かもしれませんが、埃かぶらせそうだなと思い当たる人は、フォトブックという手もあることを頭の片隅に残しておいてもらえたらと思います。